パパ活

パパ活で稼いだお金って税金がかかるんですか?支払わないと脱税になる?

投稿日:

パパ活で稼いだお金って税金がかかるんですか?支払わないと脱税になる?

パパ活のお手当で税金なんて取られることはないだろう、そう考えている女性は少なくありません。

しかし、パパ活で稼いだ場合、一定金額を超えると課税対象となります。

どういった場合に税金がかかってくるのか、改めて確認をしていきましょう。

パパからもらった金銭やプレゼントにかかる贈与税

贈与税というのは、個人が所有する財産を誰かにあげた時、もらった側にかかる税金です。

課税対象となるのは、1年間の合計110万円以上のお手当を受け取った場合になります。

現金以外にもブランド品や金券、家電製品など、価値があるものならすべてが対象です。

副業として報酬を得ている場合の所得税

お給料をもらっているOLが副業としてパパ活で稼いでいる場合には、経費などを差し引いて年間20万円以上稼ぐと所得税がかかってきます。

お給料をもらっていないかたでもパパ活で稼いだものを雑所得として、年間48万円以上になれば課税対象です。

気前のいいパパとお付き合いしていれば、あっという間に超えてしまうでしょう。

手渡しならバレないと甘く見ない

現金や物を手渡しで受け取っているのであれば、どのくらいの金額を稼いでいるのかバレることはないと思っているかたも多いでしょう。

ですが、お手当を銀行口座に預ければ、大きなお金の動きで税務署に怪しまれますし、貰ったものをSNSなどにアップする、羽振りの良さを周囲の人に疑われるなどして申告されることも少なくなく、脱税が発覚すれば追徴課税もプラスして大金を支払わなければならなくなります。

いつ誰に現金や物をいくら分貰ったのかをしっかりと記録を残しておき、確定申告を忘れずに行ってください。

-パパ活

Copyright© ファッションレンタルサービスでコーディネートのコツを身に付ける , 2021 All Rights Reserved.